当整骨院のコロナ対策はこちら

梅雨時に関節が痛むあなたへ

雨が降ると節々が痛くなりますか?
日本は四季があってい素晴らしいですが、梅雨時はじめじめして嫌ですよね?
ところであなたは雨が降ると以下の症状に悩まされませんか?

・膝などの節々がいたくなる
・肩こり、腰痛、頭痛がひどくなる
・体がだるくなる
・リウマチの症状が悪化する

当院に来られる方から、このような声をよく聞きます。
なかには関節の痛みで明日の天気が分かるなんておっしゃる方もいました。

雨の日に関節痛が出る理由
雨の日に関節痛や腰痛がひどくなったり、捻挫などのいわゆる「古傷」が痛む理由は気圧の低下にあります。
普段は感じませんが、私たちの体は1気圧の力で周りから支えられています。
低気圧になるとこの支える力が弱まるので、体が膨張傾向になり関節が緩みます。

また、低気圧になると炎症にかかわるヒスタミンという物質が増えます。
他にも、湿度や気温の変化から来る自律神経の乱れが痛みに関与します。

これが雨の日や雨が降る前に関節などが痛む理由です。

痛みが出ないようにするには
雨が降る前に痛みが出やすい人は、サポーターをするのがおすすめです。
薬局でも売っている布製のもので充分です。

これは保温が目的ではなく、まわりから全体的な圧を加えることに意味があります。
血流が悪くなるほどきついものは避けましょう。
お腹周りであれば腹巻をするのもいいと思います。

雨が降ると気温が下がるので、足元は冷えないようにしましょう。
これからはクーラーで下が冷えてくるので、靴下を履いて「頭寒足熱」の状態にすることも大切です。

膝などの関節に痛みが出てしまった場合には、氷で冷やして(アイシング)炎症を抑えてください。

痛みの出ない身体づくり
梅雨に負けない体になるためには適度な運動、特にウォーキングがお勧めです。
筋肉が弱くなると関節を支える力が弱まるので、日常的に運動をして筋力を落とさないようにしましょう。

ウォーキングのように、リズミカルでリラックスできる運動は自律神経の働きを整えるので、
痛みだけでなく内臓の働きもよくしてくれます。

もう1つお勧めなのが水中ウォーキングです。
水圧がかかるので関節が安定しやすいですし、膝の痛みがある人でも水の浮力があるので無理なく行うことが出来ます。

これからの季節、特に今年は猛暑になるそうなのでぜひプールに行って水中ウォーキングをやってみましょう。

1日2名様限定!初回割引キャンペーン実施中
初めての方へ現在いずみ整骨院では、1日2名様限定で『初回割引キャンペーン』を行っています。

梅雨時に関節が痛む方は、この機会に是非ご利用ください。

初回割引キャンペーンの詳細はこちら
上へ戻る