坐骨神経痛かもしれないと思う方へ

坐骨神経痛とは?
坐骨神経痛とは、お尻からももの裏側そしてふくらはぎなどを通る坐骨神経の走行ラインに沿って出てくる痛みや痺れの事を言います。

坐骨神経痛は病名と思われがちですが、これは「腹痛」や「頭痛」と同じように症状名です。

具体的な症状としては、お尻の奥の方やももの裏側などにじんじんとうずくような痛みが出たり、歩くときに足をつくと腰まで痛みが響いたりしびれて脚が動かしづらくなったりします。

坐骨神経痛の原因
坐骨神経痛を引き起こす代表的疾患として以下のものがあります。

椎間板ヘルニア
 背骨と背骨の間にある椎間板という軟骨が破れて中にある髄核という物体が飛び出して神経を圧迫する。

腰椎すべり症
 背骨が滑り出すようにずれることにより背骨の後ろ側にある神経が圧迫される。

脊柱管狭窄症
 脊柱管という脊髄が通る背骨の穴が変形により狭くなって神経が圧迫される。

梨状筋症候群
 臀部の奥にある梨状筋という筋肉の中を坐骨神経が通るが、その筋肉の緊張や奇形によって起こる絞扼性の神経障害性疼痛。

しかし、実際はMRIなどを撮ってもはっきりとわからない症候性坐骨神経痛と言われるものが多く、上にあげた疾患も含めて原因は仙腸関節障害(骨盤の歪み)にあると考えられます。

坐骨神経痛の治療方法
整形外科で受診された場合は、レントゲン等の検査の後に、湿布薬や痛み止めの薬をだされます。
重度の場合は痛み止めの注射をうつこともあります。

上にあげた疾患で改善が見られない場合は手術を勧められることになります。

当院の場合はアプローチの方法が違いレントゲンではわからない仙腸関節の歪みを取ることで改善を図ります。

対処法とセルフケア
坐骨神経痛かな?と思ったら早めに医療機関で見てもらいましょう。
早期の治療開始が悪化を防ぐためにはとても大切です。

軽度のものや、梨状筋症候群の場合はストレッチで緩和する場合もあります。
臀部やももの裏側の筋肉を無理をせずにゆっくり伸ばしましょう。

坐骨神経痛の原因である骨盤の歪みを起こさないために、足を組んで座らないようにするなど姿勢に気をつけましょう。

ウォーキングは体の左右のバランスをとる効用があり、骨盤の歪みも歩くことで少しずつ改善します。
歩くことが習慣になるようにしましょう。

1日2名様限定!初回割引キャンペーン実施中
初めての方へ現在いずみ整骨院では、1日2名様限定で『初回割引キャンペーン』を行っています。

マッサージで改善しない症状でお悩みの方、色々と相談してみたい方は、この機会に是非ご利用ください。

初回割引キャンペーンの詳細はこちら
上へ戻る