寝違えをたびたび起こす方へ

寝違えでお困りですか?
横浜市磯子区で骨盤骨格調整が好評の「いずみ整骨院」です。

寝ているときの姿勢が悪かったために、朝起きた時に首が痛い「寝違え」、あなたも経験ありますか?

ひどい場合は、首を上下左右に動かしたりすると激痛が走り、振り向くのも難しくなることもあります。

そして痛みの為に、緊張で肩に力が入った状態で過ごしているケースもあります。

また、寝違えを起こす人は、たびたび繰り返す方が少なくありません。

寝違えとはどういう状態なのでしょう?

寝違えの症状と原因
寝違えは通称であり、医学的な病名では頚部捻挫に当たります。

症状は急性的に現れますが、素因として首の骨の歪みの問題があります。

首の歪みは、首やその周囲の組織に「痛み」「こり」「張り」などの症状を発生させますが、横を向いたまま寝るなどして、一晩で強くその状態が出た場合が寝違えに当たります。

首の骨は7個ありますが、上下の骨を繋ぐ関節部分は上半身が起きている時の方が安定し、横になって寝ている状態の方が不安定になるのです。

それが寝違えを起こす要因の1つになります。

寝違えのときには、椎間関節という、7個ある首の骨の接続部分や椎間板のどこかに急性の炎症が起きています。

また、寝違えでは首のまわりの筋肉が固く緊張しますが、これは、炎症を生じている部分をさらに刺激しないように、筋肉が鎧のように固くなって首の動きを制限し、防御しているのです。

寝違えを甘く見ると
このように寝違えの原因には首の歪みの問題がありますが、その歪みによって、首の骨同士のすき間が狭くなり、そのすき間から出て腕に向かう神経の通り道も狭くなります。

この通り道が狭くなりすぎると、神経が圧迫されて、腕にしびれが出ることがあります。

寝違えを甘く見て、首の歪みを放置してしまうと、腕のしびれが頻繁に出るようになってしまうかもしれません。

予防と対処法
予防のためには、普段から首に負担の無い姿勢で寝る必要がありますが、大切なのは低めの枕で寝ることです。

高い枕で寝ると、首の後ろ側にある椎間関節に負担がかかって寝違えを起こしやすくなります。
他にも、首のカーブが失われるストレートネックになりやすくなります。

寝違えの痛みは炎症によって起きているので、自分で出来る対処法は氷で冷やすアイシングです。
温めると炎症が強まり、痛みが増すのでしないようにしてください。

頻繫に寝違えを繰り返す場合は、迷わず医療機関で診てもらいましょう。

1日2名様限定!初回割引キャンペーン実施中
初めての方へ現在いずみ整骨院では、1日2名様限定で『初回割引キャンペーン』を行っています。


寝違えをたびたび起こす方
は、この機会に是非ご利用ください。

初回割引キャンペーンの詳細はこちら
上へ戻る